スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013年も12月に入り、年賀状作成しようと写真の整理を始めました。
今年は仕事を始めたこともあり、これといったいい写真がないなぁと思いつつ
新婚旅行の時の写真を眺めていました。

すると…
撮りためていた写真の中で、いつかアップしようと心に決めていたものの
怠けてしまいお蔵入りした、新婚旅行記事の続編、ホテルの写真が^^;
(これで完全に年賀状の話はどこかに飛んでいってしまいました。笑)

ご存知の方もいらっしゃる通り、新婚旅行はイタリアの南部にある
アマルフィというところに連泊しました。
そして、「Grand covent di Amalfi」というホテルに宿泊したのですが
エリンギはたった1泊で心を奪われて、いまだ夢から覚めずにいます。
また行きたい。また行きたい。。。毎日そう思っています(笑)

なぜそんなにも心奪われたのかは、好みの問題でもありますが
昔からインテリアに少々興味があったエリンギにとって
ここのホテルは芸術作品のように感じられたからですね(笑)

崖の上に立つホテルなので、写真の奥に隠れていた秘密のエレベーターを乗り継ぎ
フロントに向かいました。
初めて来る人にとって、この先がどうなっているか、予測不可能で
わくわくして、期待が膨らみました。


到着したフロント。ため息~じゃないですか?
何この空間。
resize1022.jpg

なにこのインテリア。
resize1023.jpg

不思議な形だけど、クラシックな気もするし
ドラマティックなものも感じますね(爆)
resize1024.jpg

周りがみんなマダムだったので(だれも写真撮ってなかったけど)
マダムになった気分で記念写真(照)
resize1025.jpg

真っ青な海と一体になれるようなプールだったり…
resize1021.jpg

屋外なのに、天蓋つきの椅子があったり。
resize1020.jpg

謎のスペース。
ケースの中は、修道院時代に届いたメモやはがき、手紙でした。
resize1018.jpg

白で統一されているようだけど、真っ白ではない…
resize1019.jpg

moooiのフロアスタンド
resize1026.jpg

moooiテーブルランプ?もさりげなく。
resize1017.jpg

宿泊した部屋です。
1214年から修道院として存在していたこの建物は時代を超え
形を変えて、今ホテルとして利用されているようです。
壁のタイルは、いたるところに違う柄のものが埋め込んであったので
おそらく以前のものを利用したのだと思います。
resize1016.jpg

ベッドは至ってシンプルでした。
タイルの床って、、こういうところに使うものなのね(納得)
resize1015.jpg

ここに宿泊してから、ずっと、ここのホテルをリノベーションしたのは
一体だれなんだろう。。って、初めは建築士を検索していました。
建築士は検索できなかったのですが(エリンギの検索力では…)
プロデュースしたのがスペインの鬼才とよばれるハイメ・アジョン氏
だったことは分かりました。

ハイメ・アジョン Jaime Hayon
アーティスト、デザイナーとして、ホテルのプロデュースもそうですが
ホテルに置かれているインテリア(変な形の椅子)のデザイン
九谷焼とのコラボレーション、バカラとのコラボレーションなどもしている
と、ネット検索すると出てきます。
東京だと、原宿のカンペール(靴屋さん)店舗を手掛けているみたい。

Hayon Studio
http://www.hayonstudio.com/about/

スペインの方ですし、日本にインテリアのオフィスはないみたいで
時々、大使館イベントとして個展を開いていたり、ふっと日本でも
作品がみられることがあるようです。。

建築やインテリアの知識はも何もないけど…なんだか憧れちゃう~♡
いつかスペインにも行ってハイメ・アジョンのスタジオに行ってみたいなぁ
というのが目先の夢です(笑)

彼のプロデュースしたインテリアやバカラのランプもそうですが
エリンギにはそうそう手に入る品物ではなさそうです(;;)
(家に置いてそうな人のイメージだと、大地真央の旦那さんとか?笑)

いつかまた、アマルフィいけると思うので
その前に、スペインにも行けたらいいなと思いつつ
また明日からお仕事頑張ろう…って思うように、が、がんばります。。

文章くどくてすみません(笑)
さてと、現実現実ーっ!!

年賀状の写真、決めなないと…




スポンサーサイト
★Honeymoon Italy 2012 | コメント(0) | トラックバック(0)
あーりえないほどの間をあけてからの…旅行日記です(笑)

早速いっちゃいます!!

5日目

まずはナポリからローマまで朝一番で移動です!!利用した電車はこちら。
2等席(ビジネスなんとか?)でしたが、超快適。。1等席とそこまで快適度は変わりませんでした!

08:50 Napoli Centrale(FRECCIAROSSA 9526)

10:00 Roma Termini

そして、この日はローマでお買い物デー♪と決めて、わくわくしていまいた。
道中、お土産などを買う時間を設けてなかったので、エリンギこの日に全てを賭けて!!
ナポリからローマまでのユーロスター中でもどこに買い物に行こうか、どのショップを回ろうか…
ものすごい地図と格闘しながらプランを立てました。

がしかし…実は、ナポリを発つ朝からたかちゃんがダウンごらんください…
風邪を引いてしまい、お腹も関節も痛いという事態に…でもエリンギが一人で出歩くのは
心配だったみたいで、買い物街まで付いてきてくれましたが、こんな感じです。

そして、もちろんエリンギ買い物中は、カフェで休憩し続けていました(笑)
よってスペイン階段とトレビの泉、コントッディ通りでの必要最小限の買い物しかしてません~(涙)

だから、たかちゃんにブチブチいってしまったのですが(新婚旅行にプチ喧嘩はつきもの♪)
たかちゃんも具合が悪いのにエリンギの買い物付き合ってくれました。
ありがとう~ダンナサマ今思えば…具合悪いのに可哀想なことをしてしまったかな~fff
resize0332.jpg 

トレビの泉。
みんなこのポーズしてましたので…(爆)
resize0333.jpg 

トレビの泉その2。
観光客でいっぱい!!
resize0334.jpg 

この後、トレビの泉のある場所から、歩いてホテルのあるローマテルミニ駅近くまで歩きました。
結構遠かったなぁ・・・40分以上は歩いたと思います(笑)
街のお散歩もできたし、エリンギはよかったですが、たかちゃんがそのあと倒れてました(笑)

さてさて…翌日は帰るだけだから、テルミニ駅に近くて便利なところ!
ということで、宿泊したのは「Hotel Genova」。確か、安いのに、四つ星くらいはあったと思いますので
ビジネスホテルよりはもう少し良くて… シティホテルってイメージかな~
凄く清潔だったし、カップルも泊ってたし、お値段考えたら文句なしです!
もちろん、朝食も付いていました☆ ここは安くて安心でおすすめかな。(ゴージャスさはないよ。笑)

Hotel Genova
Via Cavour 25, Rome, RM, 00184
TEL: +39 06 476951

~~~~~~~~

最終日

疲れ果てて写真は1枚も撮っていません(笑)

日本に帰りたい一心で、朝食も取らずに、超早めにフィウミチーノ空港に到着。
予想以上にやることがなくて…余計にたかちゃんを疲れさせてしまう事態になりました。

仕方なく入ったマクドナルドで面白かったのは…
サラダを注文したら「オリーブオイル」がミニボトルでついてきたこと!!
日本のドレッシングみたいに、ただのオリーブオイルがついてきました(笑)
しかもサラダの味激薄です。塩とオリーブオイルだけだから当たり前かな?
マクドナルドも国によってい色々なんだな~と思った、どーでもいいネタです。

空港内は凄くたくさんのブランドショップが入っていました^^ でも高いものは高いですねー
made in Italy のものは少しお手頃になってたかも。
想像したような安さではなかったので、購買意欲が低下し、たかちゃんがホッとしていてました!

帰りの便はこれ。
15:10 ローマ発
↓ AZ 784便
10:20成田着

あえて午後の便にしたのですが、最終日だったから午前の便でも全然よかった。。
もう日本に帰りたい気持ちMAXでしたので(笑)

それに往路が午後出発、復路が午前出発って安いんですよね~今思えば、それでよかったです。
まさかこんなに帰りたくなるとは思ってもみなかったので、激安チケットよりもちょい高のに
しちゃったんですよねー(笑)

次遠出するときは、そうしよ!!

さてさて…
機内泊を入れたら、7泊8日したイタリアの旅でしたが、全体の感想としては「最高!!」
と一言申し上げます。ヨーロッパとアジアってこんなに違うの?!って思いました。
イタリアにはまっちゃう人の話を聞いたことがありますが、理解できます。
私が英語ベラベラで、次はイタリア語かな~なんて思うような国際人だったらイタリアに
住みたいって思ったかも(笑)まぁ…ないけど(爆)

また何年か後の結婚記念日にアマルフィ行きたいなぁ。
そして同じホテルに泊ってのんびり過ごしたいな~そんな風に思います。
その時は、日焼けマダムのふりして、派手な格好しよ~っと。
そしてまた、このブログにあっぷしよう。

今は職場を探す毎日で、現実に戻りましたがこれもいいですね^^
毎日がんばって働いて、そして、たま~に贅沢するのです!!

早くお仕事決まるといいなぁ…(笑)
ダラダラとしてしまったハネムーン記事にお付き合いくださり
ありがとうございます☆

これからも宜しくお願いいたします~♪
★Honeymoon Italy 2012 | コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんわ~

先日、かわいい後輩の結婚式二次会にお招き頂き、久しぶりに元同僚の方たちとお話できました^^
海外に赴任していたり、海外を飛び回っている方たちが多いせいか、意外と?エリンギのブログを
見てくださっているようです(笑)嬉しいです!!しかし「ちんたらしないで早く旅行の記事の続きを…」と
ツッコミを頂きました石井さん、みてますか?!(笑)

早速ですが、4日目の記事です♪

いよいよアマルフィを離れて、ナポリへ移動することにしていました。
まずは、船でサレルノへ、それから列車でナポリへ行きました。列車に乗りなれた気分になって
到着してからチケット買おうとしたら、乗りたいと思っていた列車の指定席はすでに完売。。
仕方なく30分遅い電車に乗ることになりました(汗)
到着した日に、帰りのチケットを買うのが効率が良かったですね~反省。

サヨナラ、アマルフィ~(日焼けしようと裸に。笑)
resize0307.jpg

ナポリ観光の目玉!!本場のナポリピザです☆
ジュリアロバーツ主演の「食べて、祈って、恋をして」という映画にも出ている超老舗へ。
resize0313.jpg

マリナーラ。
resize0310.jpg

マルゲリータ。(チーズシングル)
resize0311.jpg

1870年創業。窯で焼き上げたピザは、メニューが2種類だけ。
強気~と思いますが、食べて納得の味。
ピザ生地はもっちもち、味はシンプルなのに奥深い!!
窯で焼き上げているので、焦げ目がまた美味しい~いい香りです。
resize0312.jpg
Da Michele(ダミケーレ)
Via Cesare Sersale,1 Ⅰ-80139 Napoli(NA)
Tel +39 081 553 92 04

ダミケーレ体験談
◆待ち時間
地元でもかなりの有名店で、物凄い人だかりができています。エリンギは人だかりを見た瞬間
あきらめようとしましたが…たかちゃんが食べたいと熱望し食べることになりました(涙)

でもでも、とっても楽ちんなシステムになっていました♪
店内入口付近のおじさんに整理券をもらい、時間を見計らって戻るだけでOK!

整理券は、ガムの包み紙程度の大きさの紙に、番号が書いてあるだけです(笑)
もらった時点で「95」番で、呼ばれている人は50番代だったかなぁ…
2時間くらい待つかな~と予測して、いったんホテルにチェックインしに戻り
再度、タクシーで着いたら、丁度よかったです!!(1.5時間くらい)
なので、ぜひ、整理券をもらって、時間をつぶしてから入店してくださいね~♪

◆チーズダブルという注文
マルゲリータとマリナーラの2種類のみ。飲み物はお水とソフトドリンク。
エリンギたちは、それぞれ一つずつピザを注文し食べていたところ…
隣の席の女性が、チーズがたくさん乗っかったマルゲリータを食べていました!!
会話を盗み聞きすると「わたしのはチーズダブルです~」みたいなことを…
よくメニューを見なかったのか、裏テクだったのかは不明ですが
チーズは少なめの大人なピザなので、次があれば絶対にチーズダブルにします。

◆恵比寿店
どうやら東京にだけ分家があるようで、恵比寿にダミケーレがあります。
料金を支払ったときに、「日本人?」と聞かれ、そうだと答えると恵比寿店のカードをくれました(爆)
え~~って感じでしたが、本場とは違うはず!!そう思って帰りました(笑)
ぜひ、恵比寿店にも行ってみたいと思います。

その後、ナポリの中心にある「Galleria Umbert I(ガレリア)」へ。
開放的で、石造りの素敵なガレリア。
resize0314.jpg

床には星座が。エリンギはふたご座です☆
resize0315.jpg

有名なドルチェ「ババ」も頂きました☆
スポンジケーキにラム酒風味のシロップをたっぷり漬けた大人な味でした!!
甘い!ラム酒!!て感じのデザートです(笑)
resize0316.jpg
Mary(マーリー)
Via Toledo 66 - Napoli Italy
Tel 081-402218

食べ過ぎてしまったので、スペイン街を散歩してホテルに戻ることにしました☆
何の被害にも合っていませんが、歩いているだけで怖い印象でした…本当です。
しかも、道に迷ってしまい、疲れるわ、怖いわで大変でした(笑)
resize0309.jpg

宿泊した「Grand Hotel Parkers」のフロント&エントランス。
しっかりしたホテルでした。まさに「一流」のスタッフ。
resize0317.jpg

ホテル屋上から。
二人とも顔が疲れていますね(笑)
resize0308.jpg
Grand Hotel Parkers
Corso Vittorio Emanuele 135, Naples, NA, 80121
TEL: +39 081 7612474
※15:00~Check In、12:00 Check Out 
※駅から離れた高台にあり

あまりにも疲れすぎたナポリ(笑)夕食は外に出る気もしなかったのでホテルで頂きました。
ところが…ディナー開始が21:00過ぎ、終了したのはいつか不明(爆)
たぶん24:00は回っていたとおもいます。

イタリア人の方は、夕食が遅いです。そして、喋りまくりです!!
ミシュランで星☆を取ったというシェフがプロデュースするというパスタのディナーでしたが
お料理が出てくるのもの~~~んびりです。久しぶりに会った友人だったら間が持つかも。
わたしたち観光客は、疲れていて早く寝たいので、不向きだったかも知れません(爆)
隣の席のイギリス人の方は、2皿目が出てきた時点で(おそらく22:00ころ)退席してました。
でもお料理はとっても美味しかったんですよ!
ただ、ただ眠かったという、面白い思い出ができました^^
ちなみに、エリンギたちも、デザートまでたどり着けず、23:30ころ退席(笑)

テンヤワンヤの4日目、ナポリでした!!

<つづく>

resize0318.png
★Honeymoon Italy 2012 | コメント(0) | トラックバック(0)
遂に3日目!!

アマルフィの街も2日もあれば、何となく満足してしまうということで、船で約50分で行ける
カプリ島へ遊びに行きました

お目当てはもちろん、青の洞窟こと『Grotta Azzura』です。

アマルフィからは色々な会社が船を用意していて、カウンターが4つくらいあったのですが
一番最初に開店してくれたところで購入しました(笑)船が8:50発なのに、8:00を
過ぎても開店せず、のんびりしているんですよ!!国民性かな~(笑)

何はともあれ、ウキウキな気分で出発!!
resize0272.jpg

途中通過するポジターノ
ビューテフォー
resize0273.jpg

カプリ島到着
resize0274.jpg

『Grotta Azzura』へは、更に船に乗る必要があり、アマルフィから3回船に乗って
やっと中に入れるというハードスケジュールでした(涙)

◆アマルフィ
 ↓(jet)※フェリーもあり
◆カプリ島
 ↓(小さめjet)
◆Grotta Azzura …入り口まで
 ↓(小船)
◆Grotta Azzura …中

小さめjetに乗って、入り口まで移動。
小船と入り口が見えてきました!!
resize0275.jpg

青の洞窟!!Grotta Azzura!!!
洞窟の中は声もこだまして、神秘的。凄く深くて透明な海でした…
resize0276.jpg

~~~~~~~~~~~~
<Grotta Azzuraの体験談>
料金
Grotta Azzuraに到着すると、JETから小船に乗り込み、中に入ります。JETと小船の会社は別で
また更にお金を払うシステムです。しかも、現金で、しかも海の上で…(泣)
さらに、JETの船頭さんからはチップをせびられます!!私たちはかなりしつこく5€求められ
根負けしお支払いしました(涙)

船酔い
海は穏やかでしたが、「嘘でしょ?」というくらい小さな入り口からジャブジャブの波が
一瞬収まるのを見て、船頭さんが船が下るようにグイっと押して、洞窟に入ります。
みんな笑っていましたが、エリンギ、かなり怖かったです(涙)
船に乗るなり、ありえない位ゆれます。普段酔わない私ですが、このときばかりは
恐怖と船酔いで、正直Grotta AzzuraなんてどーでもいいからJETに帰りたい!!!
とばかり思ってしまいました(笑)ちなみに主人は、全く問題なく、Grotta Azzuraを
楽しんでいましたよ~~~人によるのかな…

服装
小船に乗り込むなり、まず、足を伸ばすため、ベッタり船に座ります。
服装は汚れても良い軽装でいってください!!
~~~~~~~~~~~~

Grotta Azzuraからカプリ島へ戻るときの私…ひどい吐き気と戦っていました。
※この日以降、2週間くらい、タクシーでも電車でも酔うようになりました(笑)
resize0277.jpg

カプリ島に戻り体調が復活!!
早速おなかが空いたので、腹ごしらえをしに行きました^^

イタリアで出会った最高のエビ「Gambero(ガンベロ)」のグリル。観光地料金でやや高めの
設定だったけど、かなり、美味しかったので2つ注文しました。たくさんのお店が客引きを
していますが、ROSA(ローサ)さんという方に惹かれて入店して大正解でした
エビ好きの方、メニューから「Gamberoni(ガンベローニ)」の文字を見つけたら注文して下さいね!!
resize0278.jpg
Ristorante Fugusto
Via Cristoforo Colombo,24 Marina Grande-Capli
Tel:+39 081 837 08 53

レストランで出会ったワン子ちゃん。大人しくていい子でした^^
resize0279.jpg

少し街探検もしつつ、のんびりしていたら…船乗り場を間違えていてびっくり!!
行きと帰りでは乗り場が違ったみたいで、周りの人に聞いて急いで船乗り場へ。
実はこのキャプテンに、アマルフィ行きの船乗り場を聞きました。
「あっちだよ!」と教えてくださったのは良いのですが、なぜか写真撮影しなよって(笑)
頼んでないのですが、シャッターを押すように指示されました!!不思議なオジサンでした^^
resize0280.jpg

カプリ島の体験はあまりにも色濃いですが、今ではいい思い出♪
「Gamberoni(ガンベローニ)」の美味しさが忘れられない、今日この頃です。

それでは次回をお楽しみに~?して下さると嬉しいです!!
おやすみなさい!
★Honeymoon Italy 2012 | コメント(2) | トラックバック(0)
>>続きを読む・・・
★Honeymoon Italy 2012 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。